在来工法について

木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)とは、建築構造の木構造の構法の一つである。 日本で古くから発達してきた構法で、工法としては今日もっぱら在来工法(ざいらいこうほう)と呼ばれることが多い。 木造枠組壁構法がフレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える構造であるのに対し、木造軸組構法では、柱や梁といった軸組(線材)で支える構造であるという大きなちがいがある。

Copyright © All rights reserved.在来工法の基礎知識で新築一戸建て.